×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コーチCOACH人気のデザイン

コーチ(COACH)の人気のバッグや財布の製品といえば、スモールホーボー、パッチワーク、トートが持ってる芸能人やモデルや一般の人をよくみますが、他のブランド同様にそのあたりに人気が集中するようです。カラーは断然ピンク系が通販でも人気があり売り切れ商品が多いみたいですね。やはりセレブと言ったらピンクか黒の革にゴールドの金具と言うゴージャスでエレガントなものを想像してしまう感じですからね。それにコーチのバッグや財布の新作は今までと違い少し若い人ターゲットしたデザインを意識したようなカラフルでキュート感を全面にだしたような仕上がりのキーケース,時計,キーホルダー,なんかも増えてきたように思いますのでますます目が離せなくなる予感。作りがこっていて斬新といえば、やはり一つ一つ別の生地を縫い合わせて独特な柄が出来る事で手間のかかった仕上がりのパッチワーク仕上げのバッグや財布が思い浮かびますが、コーチのパッチワーク製品があまりみないような斬新な生地やゴールド系のカラーが取り入れられていたりとても魅力的なんです

コーチ定番ライン

コーチのバッグや財布の定番といえば、やはりシグネチャーといわれるラインでしょう。ロゴをモチーフにしたコレクションで、2000年の秋冬コレクションで初登場してから人気がでたモデルです。2001年からシグネチャーコレクションになりこのラインのバリエーションが本格的に製造されるようになっています。コーチのバッグや財布で一番みかけることのある定番ですが、カラーやバリエーションも何種類かあり同じCCロゴでも、レザーや生地の色で印象が随分かわってキュート(CUTE)にみえたりシンプルにみえたりと自分の好みに合わせてシグニチャーのカラーを選べるのも良いところですね。断然控えめなカラーに少し奇抜な原色の青色(ブルー)やピンクのラインが入った財布やバッグに人気が集中してるようですね。さすがアメリカ(USA)のファッションブランドだけあって少し斬新なアイデアが日本の若い女性や少し大人のレディースの方達にコーチのバッグや財布が人気の秘訣なのかも。わたしも意味まではわからないのですが、人気のラインシグネチャーにはハンプトンやオプティックがつけられたのがあるみたいです。最近の新作で、レガシー シグネチャーが今後注目されだすんじゃと検討中の管理人です。

ブランドコーチ財布バッグの歴史

コーチ(COACH)1941年に、マイルス・カーン、リリアン・カーン夫妻達による家族経営の皮革小物工房としてニューヨーク・マンハッタンのロフトで開始されました。このブランド製品は、野球のグローブのような皮の美しさ、丈夫さ取り入れることにより皮そのものの持ち味を生かし使えば使うほどなじんで来るグローブのような製品で、第一弾のバッグや財布が60年代初期に誕生しました。 どんどん知名度がつきデザイナーとしても知られることになり、コーチのカジュアルバッグのカシン・キャリーやバゲット・バッグやダッフル・サックをつぎつぎとヒットさせることに成功し製造することになる。バッグのクリップ式金具やドッグリーシュ発案され。1988年には、三越と提携して日本進出を果たす。その後すぐに コーチ(COACH)は、横浜三越、日本橋三越店がオープンされた事から日本でもコーチの財布やバッグが入手できるようになる。2003年のには関西初の路面店を心斎橋にオープンしてその後立て続けに第2旗艦店コーチ(COACH)渋谷店コーチ(COACH)六本木ヒルズ店オープンし日本でも通販や店舗でコーチのバッグや財布をファッションとして若い世代の人たちまで持ち歩くようにようになった。

Copyright © 2007-2012 コーチのバッグや財布が人気